ONLINE研修とリアル研修②

先日、160名超のONLINE研修を行う機会がありました。
ZOOMでの実施で、オペレーションはクライアントの担当者の方が行いました。
(ありがとうございました!ちゃんとオペレーションしてくれる人がいると助かりますね)
最初は、160名以上か、、、さて、どうなるかな?と、心配な部分もたくさんありましたが、
結果的には、なんとかうまくいったな!という印象です。
それまでに、10名程度、20名弱、30名弱、60名弱というさまざまな規模での
ZOOMによる研修を実施する機会がありました。
しかし、160名となると、リアルの集合研修ではちょっとタイヘンです。
実は、このクライアントでは、昨年は140名弱でリアル研修で実施しました。
タイヘンでした(笑)、、、会場を歩き回るのが(笑)。
今回、160名超で実施してわかったことは、
ONLINE研修は、30名でも160名でも、
研修効果は同じように創出できるということです。
数名だとちょっと違うかもしれませんが、
30名を超えると、一緒です。
PC画面には、最多で40数名の顔をギャラリービューで表示できます。
人数が増えると、ページが増えます。それだけです。
そんなに人数がいたら、受講者の研修への集中度や研修効果が低下するのではないか?
そんなふうにお考えになる方もいるでしょう。
でも、大丈夫です。
なぜか?
受講者にとっては、1対1なんです。
人数が多くても、受講者にとっては、講師と自分の1対1。
自分に対して、語りかけている、説明しているということなのです。
もちろん、飽きさせない工夫もいくつかしました。
ブレイクアウトセッションもたくさん取り入れています。
いろんな受講者とお話ができるようにしました。
頻繁に、ひとりひとりに全体共有の場で、意見を聴きました。
どんどんアットランダムに指名していきます。
いつでも、自分が指名される可能性がある状態です。
画面を見ながら、この人、集中切れているかな?と見受けられる人を
たくさん指名しましたが、皆さん、的確に対応してくれました。
しっかり研修に参加してくれているのです。
受講者にとっても、160名の前で発表するというプレッシャーは感じていないようでした。
50名から、200名くらいまでは、ZOOMでいけちゃいます!
200名を超えると、傍観者になってしまうかも知れません。
その場合は、ブレイクアウトセッションをたくさん取り入れたり、
あらかじめグループを作って意見共有する機会を増やす必要はありますね。
ONLINE研修は、会場準備が要らない。いろんな場所から参加する場合でも交通費が掛からない。
ひとりひとりが、集中して参加できる。
いろんなメリットがありそうです。
結構、効果的なのではないでしょうか!